どすこいっ!

食べたりダイエットしたり。。。

自由に食べたい。

   

そういえば、3年近くもグルメもどきなブログをやっているけれど、
すき家、松屋、吉野家、日高屋にリンガーハット、ガスト…とか気軽に入れるようなチェーン店ばっかだよな。。
僕も女子受けする隠れ家的なお店を紹介してみたい!!

でもさ、ネットやマスコミで持て囃されるような店に興味が全く湧かないのです。
そんな店に限って僕が嫌いなタイプの店だったりする。

こんな店には絶対に行かないって記事をまとめておこう。

 自由に食べたいんだ!

 行列にならぶとか大嫌い!

当然ですね!行列を見かけた瞬間に回れ右をして帰ってきます。
店や他人の都合で待たされるとか信じられない!

あの~。新横浜のラーメン博物館、、あそこって意図的に行列を作ってない?
昼時になると新横浜ラーメン博物館の前には、次々と大型観光バスがやってくる。地方からの修学旅行生やら海外からの観光客…、あれって確実に施設のキャパをオーバーして観光客を受け入れている!
休日の昼時には絶対に行かない。

 常連ぶりたいヤツがいる店

西新橋にあるジャンクで有名な立ち食い蕎麦屋。
土日祝休であって、神奈川県在住の僕にとっては非常に敷居の高い店なのですが、過去に3回ほど有給をやりくりして食べに行ったことがあるくらいに美味い蕎麦を食わせてくれる。

でもねえ、今は無理に食べに行きたいとは思わないのです。
それは3回のうちに2回も、常連ぶってたウザったいヤツに遭遇したことが原因だよ。3回のうちに2回もって、恐るべき高確率だと思いませんか?年間に数えきれないほどに牛丼チェーンに通い詰めていますが、今までに一度もあんな奴に遭遇したことがない。

後輩の新入社員らしき奴を引き連れてきて店のシステムやオススメのメニューを教えてあげて…ここまでは宜しい。
その後がぺちゃくちゃと長いんだよ!
その店の蕎麦に関するウンチクから始まって、、
『あっ、ちょっと、あの人が店長なんだよ、見てみて…』
『なっ?いい笑顔だろう。』

とか、どうでもいいだろう。

『ここが開店したのは8年前でさあ、僕はずっと通っているんだけど店長の顔から笑顔が絶えたのを見たことがないんだよ』
本当に、どうでもいい。毎日、営業時間中に、ずっと店長の顔を見張っていた訳じゃないだろ?喋っていないで早く食え!

なんだか、ウザったい奴だなと思いながらも、ここまでは僕には無関係だった。

この店は、天かすと卵がサービスで入れ放題なんです。卵が大好きな僕はつけ汁に卵を落とし、さらに天かすをたっぷりと入れたんです。すると、それを見かけた常連気取り…。

『あー、みてみて~、卵は汁に入れちゃダメなんだよなあ。それに天かすも入れ過ぎちゃ味がぼやけちゃうんだよなあ。』
『君たちは、お蕎麦のほうに卵をからめてから汁につけて食べてみてねえ、』

僕をみて言ってたのかな?

そのあと、近くにいた男性が、半分ほど残した蕎麦に卵をのせて天かすをかけ、残りの汁をぶっかけて食べ始めた。

すると…再び常連野郎の声が、、
『あちゃー、とほほぉー、やっちゃたよ。ぶっかけをやっちゃだめだよな。。』
声のほうに視線を向けると、なんだかニヤニヤしながら、ぶっかけを食べる男性を指さしていた。

腹が立つというか飽きれてしまって怒る気にもならなかった。
常連ぶって自分を大きく見せたいだけのクズなんですよね?

 勘違いをこじらせた店

『ラーメンだけ食べにきた客なんて客だと思ってないかさあ』
小田急線沿線にある某ラーメン屋の店主が本当に言っていた言葉…。ラーメン評論家のガイド本に掲載された直後で多くの客が押し寄せていたのですが、元々、休日の昼間から常連が居酒屋利用しているような店のようで、客の回転が悪くって店の前には行列ができていた。外で待つ客を気にして席を開けようとした常連客に対して言ったのが『客だと思っていないからさあ』…。

客だと思っていないからさあ?
僕が注文したのはワンタン麺でしたが、客じゃないのなら金を払わないでよかったのかな?

もっと腹が立ったのは、食べ方にイチイチさしずしてくること。
ワンタン麺のワンタンは別皿の黒酢つけて食べて!!
ワンタンは先に食べちゃって!
ワンタンを食べ終わったら残った黒酢をスープに入れてね!それで僕のラーメンは完成なんだからさ。わかってないんだよなー!

わかってないんだよなー?
はあ?
わかりませんよ。
わかりませんから、完成させてから出せよ。黒酢をかけて出せよ!って思いませんか?

ラーメン評論家のガイド本に掲載されて勘違いをこじらせていたんだね。

あれ以来、1度も行っていません。

 勘違いをこじらせた店2

たしかね、夕方のニュースで紹介されたのをみて食べに行った天ぷら屋。

僕が注文したのはかき揚げ丼だったのですが天丼が出てきた。

『あの、かき揚げ丼を注文したのですが?』と店主さんにいうと、
驚きの答えが返ってきたんです。

『今日は、かき揚げ丼はやってませんから!天丼を食べるでしょ?』

はあ?
かき揚げ丼はやってませんから!天丼を食べるでしょ?
やってないならばメニューから外しておけよ?それ以上に注文を受けた時点で断るべきです。
それなのに《かき揚げ丼ができないから黙って天丼を出す》ってどういうこと?天ぷら定食って選択肢もあるのに。

『食べるんでしょ?』なんだか声に怒気をこめて迫ってきた店主。
『いりません!気分が悪いので帰ります!!』といって帰ってきた。
2度といかねえ、絶対にいかねえ。

 勘違いをこじらせた店3

もともと、僕は店とのコミュニケーションは求めていない。
常連ぶるなんてメンドクサイ。うちの近所にあった中国人夫婦が経営する中華屋なんて、へたに店側から常連認定されてしまうと注文しても料理が出てこなった。どのような思考回路を経ての判断なのかが理解でないのだけれど、常連が注文した料理は後回しにされてしまう。料理を待つ間には店主と奥さんが何度も愛想よく話しかけてくれて世間話なんかをしながら待つので退屈はしないのだけれど、いつまでたっても料理が出てこない。その間に後から来た客は次々に食事を済ませて帰ってゆく。忙しい昼時なんかに行ったらチャーハン1杯に一時間以上も待たされて…。結局、常連さんたちの足が遠のき半年くらいで潰れてしまった。あれが中華思想というものだったのか?『仲良くなったら迷惑かけてもよい』って?
あ、、僕が経験した中華思想についての話になってしまいましたが、

あの客に全く挨拶をしない(挨拶をできない)店ってありますよね?
一時期、マスコミなんかにも取り上げられて、町田近辺で話題になった店なんだけれど客に対して全く挨拶しないだったのです。
店に入ってゆくと『いらっしゃいませ』の代わりにギロッと睨まれる。食べ終えて『ごちそうさま』っていうと、『ありがとう』の代わりにギロッと睨まれる。
『ラーメンつくりに集中しているので!私語厳禁!』…いや、客に挨拶くらいできるでしょ?挨拶は私語なの?『ラーメンを作るのが忙しいので挨拶できません』なんて修行の途中みたいな奴が店を始めちゃダメでしょ?
過度のコミュニケーションは求めていませんが、最低限のコミュニケーションって必要ですよね?
客が委縮しちゃって雰囲気が最悪だったよ。
客は皆、ラーメンを黙々と食べ終えて黙った帰ってゆく。
小さな子供が「おいしいね」と声を出しただけで親から叱られて泣きべそをかきながらラーメンを食っていた。

もう、絶対に行きません。

 - BLOG

  関連記事

HIR86_syawa-karadetakaruosuneo20130825500
引き寄せの法則ってなんじゃ?

『引き寄せの法則』って知ってますか? 僕は、書店のスピ本コーナーなんかで、そんな …

HIRA88_sya-neko500
少し本気でダイエットを再開しようと思う。

BMI25未満を目指すっ! なんだか最近、週末の土日に暴食した体重を月~金で調整 …

YMD68_TKG
どすこい!

WordPressでブログを始めました。 ずっと以前から気になっていたWordp …

PAK86_atamakakaerujyosei20140125500
胸ポケットにiPod Touch

胸ポッケにiPod Touch… 胸ポッケにiPod Touch…ダメ!絶対やっ …

PAK55_torotorotamago20140828500
RSSフィードの利用ができない。

  RSSフィードを利用できない!! RSSを《購読する》をクリックす …

wpid-1410414202446.jpg
僕のiPod Touchが御臨終。液晶が真っ暗なんです。

大切に使っていたつもりなんですけれど…。 世間では新型iPhoneの話題で溢れて …